2013年6月27日木曜日

Maggie改…ミシンの色・色メガネ


昨日、ようやく眼鏡屋さんに度付サングラスを買いに出かけました。

サングラスかけ慣れてないので、どれも「色メガネ」に見えます。
我ながら似合わない〜っ (▼(エ)▼;)

とりあえず気に入ったサングラス…というか、
カラーレンズとメガネの組み合わせの見本を見つけて、
その通りに作ってもらうことになりました。

私は強度の近視なので、レンズ在庫なし。
(カラーレンズだからもともとないのかもしれませんが)
出来上がってくるのは、一週間後 orz

目の痛み、直っちゃってるかな (^◇^;) いや、直って欲しいんですけど。

しかも見本のカラーは、薄いレンズにはなかったらしく、
近似色で作ってもらうはめに。大丈夫かな〜。
またかけけないメガネが増えませんように(>人<)

…なんだか、メガネがいっぱいになってきました。

コンタクトからメガネの生活になってから
しばらく度が落ち着かなくて、(老眼発症もあいまって?)
強すぎてかけられないメガネが2つあるし、
常用メガネをピンクにしちゃって法事で困った経験から、
もひとつメガネを買うはめになったり、
金属フレームのコーティングがはげちゃったので
非常用に格下げメガネもある。

老眼で、運転用と手元用で2つの度が必要になった上に
PCレンズにしたり、カラーレンズにしたり…。
気がつくつと、使ってるメガネの
度とレンズ機能の組み合わせは、一つとして同じモノがありません。

メガネが昔よりお安くなった分、すごく眼鏡屋さんに振り回されてる気がします…

××× ××× ×××


 猫を黒くアレンジしたので、黒いミシンと色がかぶってしまいます。
ミシンを少し違う色にしてみようかと、
かわりの刺繍糸を買ってきました。


濃紺と、その色味で2段階あかるい糸です。

アンティークなミシンといえば、黒。
真っ黒が使えないなら、濃い紫か赤茶かなって思ってたんですが〜
DMCで「黒と見間違う黒じゃない色」は、
この濃紺しかありませんでした。

さて、どうなるでしょう〜?

次はミシンを刺そうかしら。
それともミシンは最後にしようかしら。

0 件のコメント:

コメントを投稿