2013年4月19日金曜日

消えるシャー芯+フリクション・テスト-1

 先週末、大きな文具売り場で出会ったので、購入しました



ゆきみんさんがご紹介していた100均シャーペンも買って、
それぞれセットしました。
赤色だけ足りないので、手持ちのシャーペンにいれて6色。

MONOけしごむもリラックマ

早速テスト〜 
まずは、本当に消しゴムで消えるかな?


消えた、消えた!
これだけキレイに消えるなら、いろいろ使いたくなりますね〜

昨年末、この芯が製造中止になるんじゃないかという噂がながれて、
ちょっとした騒動になったみたいですね。
特にミントブルーは、消し残っても印刷には出ない色なので、
マンガ家さん達が下書きに利用しているみたいです。
実際には、製造終了になったのはシャーペン自体で芯は作られ続けています。
でも今回購入した売り場でもミントブルーだけ売り切れてました (^m^)あらら

××× ××× ×××

次は本命のテスト。布に使ってみます。
洗濯して落ちるかもテストするので、ついでにフリクションペンもテスト。

(写真はクリックすると大きく表示されます)

刺繍中は透けるので、背景暗め写真

使った布(左から)
Zweigart ルガナ(綿+レーヨン)25ct
DMC エタミン(綿)25ct
DMC リネン(麻)28ct
絹キャンバス28ct
絹キャンバス40ct

使ったペン(上から)
消せるカラー芯(6色)
フリクションボール0.5(ブルー、ピンク、オレンジ、グリーン)
フリクションボール0.7(オレンジ)
フリクションいろえんぴつ0.7(あお、さくらいろ、ねずみいろ)
フリクションカラーズ(ピンク)

シャーペンは細いので、柔らかいルガナはペン先がひっかかります。
2〜3目ずつ色を塗り込む感じじゃないとだめでした。
同じ25ctでもノリがきいてるエタミンには、
線を一気にひくこともできるのですが、
色が薄いので、重ね書きの必要がありました。

DMC リネン28ctは薄くて、ノリがパリッパリにきいたスカスカ生地で
ワタシはHAEDに使っています。
シャーペンでも、プチプチいいながらも一直線に線をひけて、
1回書きでも大丈夫そうでした。

絹キャンバス28ctは、生地が細い糸なので色が目立ちませんが、
40ctは一回書きでも、いけそうな濃さになりました。
ペンと違ってインクがにじまないので、いい感じです。

これを中性洗剤で手洗い。
どうなったかは、次回〜



 ××× おまけ ×××


現在さしてるDimensionsの18ctアイーダ(ベージュ)には、
水で消せるチャコパーを使ってます。
書きやすいし、はっきり見えるし、部分の修正も容易。
そして、ちゃんと消える。
放置すると消えちゃう以外は、お気に入りです。

0 件のコメント:

コメントを投稿