2013年3月15日金曜日

HAED 作業環境

私は丸枠で刺してます。腰をいためているので、前屈みになるスクロールフレームはあきらめました。


チャートは刺繍面のすぐ側にとめています(チャート上の青とピンクのクリップ)
私はチャート1頁の幅で往復して刺すので、
チャートを3ブロックの高さで折りたたんでいます。
 チャート両脇のクリップは、マグネットがついてて針置き場になっています。
このクリップは、チャートの下にもの差しも挟んでいます。
もの差しはチャートに蛍光ペンでラインを引く時の下敷きの役割です。

丸枠には、LEDクリップライトを固定しています。

丸枠は自作のスタンドに固定して、両手で刺せるようにしています。
机&おなか(^◇^;)に乗せて、椅子に寄りかかって刺せます。

丸枠をはずした状態の
自作丸枠スタンド

トレーにPOP用クリップ3つで丸枠を固定します(根元を粘土で補強してます)
トレーの中には、糸くず入れや蛍光ペン・ハサミ・予備の針など
使う道具が全てが入っているので、 、座りっぱなしで、延々と刺せます。
これが腰に一番わるいんですけどね (^◇^;)

糸はカゴや書類にケースに入っています。(自作フロスオーガナイザー作成記事は→こちら
A4下敷きのオーガナイザー3枚を、
もうちょっと使いやすく置けないかなーって思っています。

Elfland:床、机…いろんな所においてます

Teddy Bear Tree:机の上にひろげてます

ちなみに、色数の少ないSnowは、一式書類ケースに入っちゃってます。


ああ、Snow出しちゃった…

0 件のコメント:

コメントを投稿