2013年3月22日金曜日

広重猫…いきなり迷う

広重猫、刺し始めましたが…

(」 ゜Д゜)」いきなり道に迷ってまーす

広重猫は、ハッキリいってベタだらけです。
だから、久々///といって、\\\と戻ってくる刺し方で、
時々でてくる色替えは、穴埋め式かな〜

と、始めたのですが…

しばらくHAEDばかり刺してて、
一目ずつ×を作って、一列ずつ往復して刺している脳みそ。
どういう風に刺しすすめていったらいいのか、わっかりませーん



25ctを選んでしまったばかりに、
後から糸端の始末するのは(できないこともないけど)タイヘン。
じゃあ、裏糸で巻き込んでいこうとすると、刺していく順番は…?
穴埋めする場合、どっちの糸から刺していけばいいの?

障子や格子は1〜3目の幅で縦に進んでいくので、
隣の広い面積部分で糸端を巻き込むようにするために、
刺しかけの糸がパーキングされてます。
これが邪魔になって、すっごいストレス〜 ( ̄へ ̄;)

×××××××××××

早速、修正も入りました。
障子の白い部分、白い糸(BLANC)で刺したのですが、
目がみえなーいっ 苦労するわりに、意味が無いかも?
…ってことでほどきました。
白い部分は他にもいっぱいあって、この先も迷いそうです。

刺したけど、ほどいた白糸

全面刺しでなくなってしまったので、
フリクションボールペンで布に書いた線の色が落ちなかったら(低温で復活したら)
目立ってしまうかもしれませんね〜

×××××××××××

(c)Kumami 「広重猫」
原画:歌川広重「浅草田甫酉の町詣」(あさくさ・たんぼ・とりのまちもうで)
 Utagawa Hiroshige: "Asakusa Ricefields and Torinomachi Festival"
Size: 245 x 370 ct , Fabric: Zwegart Lugana 25ct
Thread: DMC 45 colors 1over1 , Needle: みすや針寸二、寸一
Stitch: 2013/3〜

0 件のコメント:

コメントを投稿