2012年6月12日火曜日

ビーズステッチ-流金アレンジ2


貴和さんのフリーレシピの金魚ストラップを
流金にアレンジすることに、再びトライしてみました。

ストラップは幅10個しかないので、1つのビーズの違和感が大きいです。
編んではほどき、編んではほどき……
ほどくのが面倒になって、放りだし……

死屍累々……

尾のグラデーションをキレイにしたかったのですが……
選んだ薄いピンクが全然目立たなかったり、
色が濃すぎたり、形がおかしことに気づいたり。

ストラップ3本分くらいかかって、ようやく完成〜

 左が今回のアレンジです。

右の前回アレンジに比べて、
尾を2色から3色にし、
体はぽってり、尾は長く、
金魚の間隔をつめて、全体を短く……

金魚の体のビーズを透ける色にしました。

あと、今回は細い糸(#60)を使っています。前回は#20。
滑らかさはあまり差がでませんでした。
このタイプのストラップは糸の通り方もシンプルなので、
耐久性を考えると、太い方がよいように思います。

今回は、途中糸を継がなくてもいいように、
4mの糸を半分ずつ使って、逆方向に編んでます。
とはいえ……編み始め・編み終わりは糸を始末をしなくてはなりません。
細い糸であっても、やっぱり始末部分はゴワゴワします。
写真ではどちらも一番下の部分で糸始末しています。というわけで「わ」が広がってます。
このタイプのストラップの、宿命なのかしら〜

くまストラップは、ストラップ部分が動かないよう金具に留めつけました。
その留める部分で糸始末をしたので目立たなくできました( ^(エ)^)v


高品質なデリカビーズとはいえ、結構粒は不揃いです。
ちょうど端に長さが短いビーズがきてしまいました。

結構、目立つ……orz

0 件のコメント:

コメントを投稿