2011年6月27日月曜日

プチポワン…再チャレンジ

くじけかけたプチポワン。こんなこともあろうかと(笑)
なんとなく布の片側によせて刺していたので、
残り側の布を使って再チャレンジ始めました。
(ミニモチーフサンプラーもこんなことしてたワタシ……)

同じ事を繰り返さないよう、工夫もしてます。

まずは……チャートを白黒にしてコピー。
心置きなく書き込めます。

次に、刺繍枠を作りました。
以前は7cmの丸枠を使ったのですが、
この小ささだと、枠の厚みがすごく邪魔に感じました。
絹キャンバスの本来の(?)使い道「絽刺し」の枠は、
真ん中をくりぬいた板に鋲でとめるのだそうです。
これを真似して段ボールをくりぬいて作り、
絹キャンバスを幅広のマスキングテープてとめてみました。
結果的には、ちょっと失敗。
段ボールではやはり頼りなかったことと、
縫っているウチに布がゆるんできてしまいました。
でも形はとても使いやすいかったです。
使われ続けてきた道具の形には、ちゃんと理由がありますね〜
刺し方は、パーキング法を使いました。
この細かさでは「穴を埋める」のは無理だからです。
待機中の糸は枠にクリップで留めています。


最後に……ルーペを使いました(以前、興味本位で買って使わずにいました)
ルーペは首から提げるものですが、アームクリップでテーブルに固定しました。
大きくなるのは、ありがたいのですけれど……
手元がちょっと動くだけで、視界がぐわんぐわん揺れるので、酔いそうです(^◇^;)


さー、これで最後までたどり着けるでしょうか〜

0 件のコメント:

コメントを投稿